881: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 15:37:14 ID:0rUy4a4V0



卒業の季節になったので、思い出の整理がてら投下。

当時を思い出しながら書いていたらとても長くなってしまいました。

至らないところも多々ありますが、よろしければお付き合いください。



当時通っていた専門学校での話。

私:当時20歳。諸事情により現役生より2歳ほど年上。恋愛はドライ気質。

元彼:当時18歳。ウェット気質。プライド高い。


882: 881 投稿日:2009/03/02(月) 15:40:41 ID:0rUy4a4V0



紆余曲折あって、20歳にして地元の専門に入学。

最初は年上ということもあって上手く馴染めるか少し不安もあったが杞憂に終わる。

実際入学して見ると、案外年上の人もいるもので(30代のママさんや大学卒業してから入学した人など)

年上連中とは「現役は若くていいなw」などの話題で盛り上がりつつ、

現役生達は私の事を「ねーさん、ねーさん」と呼んでくれ、すぐに親しくなることが出来た。








学校生活もしばらく経つと、よく集まるグループみたいなものが出来上がる。

男女混合で10人弱、そこに私と元彼もいた。



そのグループは何人か一人暮らしをしている人がいたのだが、偶然にも全員同じアパート住まい(私以外)。

そのうち自然とそのアパートに集まるようになった。



年頃の男女を四六時中ちゃんぽんさせていたら当然の成り行きというか、何組かのカップルが出来上がった。

私も元彼に告白され、付き合うことにした。5月末の出来事である。



こうして付き合うことになった私と元彼だが、今思えば、どうやら壮絶に相性が悪かったらしい。

私はドライ気質でツンデレ(9:1)くらい。ガサツ、毒を吐く、亭主を尻に敷くタイプ。

元彼はウェット気質で、デレデレおしとやかな彼女が好き。亭主関白が希望だったと思われる。

この時は気付かなかったが、中二病を拗らせていたようで、扱いづらいと感じることが多々あった。



そして付き合って約1週間でケンカをふっかけられる。

理由は、学校帰りに私が別の女友達と先に帰ってしまったから、というものだった。



元彼としては、その日バイトが無かった私と一緒に近くの繁華街まで行こうと思ってたらしいのだが

事前に約束もしていなかった私はそんなこと知るはずもない。

グループで集まって帰路につく事も多々あったので、元彼としては今日も皆で帰るのだろう、

その時私を誘おう、という認識だったのだそうだ。

私は、特に皆で一緒に帰ると約束してるわけじゃなし、

集まったとして、私が居なかったら居なかったで皆で帰るなり遊ぶなりするでしょ、という認識でぱぱっと帰ってしまった。



883: 881 投稿日:2009/03/02(月) 15:42:25 ID:0rUy4a4V0



翌日顔を合わすと明らかに不機嫌な元彼。

理由を聞いても「別に」「いや、なんでも」とエリカ様もびっくりのヘソの曲げっぷり。

何を聞いてもなしのつぶて状態で、無駄だと判断したのでこちらから放置。

そんな私の様子を見て、元彼から折れてくる。

そしてぽつりぽつりと↑の理由を話し始めた。

驚くべきは、「先に帰った私が戻ってくるかもと思って1時間ほど校門で待っていた」ことだ。

いや、さっさと電話しろよ、と思った。

…が、これ以上蒸し返してエリカ様状態になられるのもめんどくさかったので「そうだったんだ、ごめんね」で済ます。

この時点でちょっと引いていたが、1週間で別れるのも気が引け、

私の奔放っぷりも悪かったのかな、次から気を付けようと言うことで収める。

これが間違いだった。



これ以降、ささいな一言がきっかけでよくケンカをするようになる。

友人たちと食事に行き、冗談で「誰がおごるのか」という話題になったとき

友人A「(元彼さん)おねがいしゃーすwwwwww」

友人B「ごちになりやーすwwwwwwwww」

元彼「えwwwちょwwwww」

私「あざーっすwwwww」

元彼「・・・。(エリカ様発動)」



元彼が変な替え歌を歌っているとき

私「なんだその歌wwwうるさいなwwwww」

元彼「・・・。(エリカ様発動)」



こんな感じで1週間に1回は元彼のエリカ様が発動し

言い争いをしては仲直りをし、また言い争いをしては仲直りをし、を繰り返した。

元彼は「こうやって喧嘩を繰り返してお互いを知って行くんだよ」的な事を言っていたが、

いくらなんでもこうも喧嘩ばかりだと根本的に合わないとしか思えない。



6月末にはこの恋は長続きしないと悟り、

7月も終わりにさしかかるころには、どうやって別れようかしか考えていなかった。

私は疲れ切っていた。


884: 881 投稿日:2009/03/02(月) 15:43:13 ID:0rUy4a4V0



そして8月。

私はバイトや、近所で行われる祭りの準備なりで忙しかった。

もともと体はそんなに丈夫ではないので、疲れからか風邪をひいて、さらに拗らせてしまった。

その様子を見て、元彼が「うちで休みなよ。」と言ってくれた。

バイト先には私の家より元彼の家の方が近かったので、正直助かる。

うつしたら悪いな、と思いつつも好意に甘える事にして、バイト後元彼の家へ行った。



ベッドを借りて休んでいると、何やら玄関が騒がしい。

見てみると、いつものグループの友人と、おそらく同じアパートの人だろう男性(面識なし)が、麻雀セットを持って集まってきていた。

私が、え?という顔をしていると

元彼は「これからここで麻雀やることになったからwあ、休んでていいよw」とのたまった。



いや、それはないんじゃねーの?と思ったが、盛り上がっている彼らに水を差すのも悪いし、

体調悪くて頭があまり回らなかったのもあり、横になっていた。

しかし、すぐ横でジャラジャラと牌をかき混ぜる音を聞きながら寝れる訳もない。

彼らが大騒ぎを始めたところで、ここで休息を取るのは無理だなと思い

「休んだから帰るわ、ありがと」と言って出て行こうとした。



玄関を出たところで彼が追いかけて来た。

「どうして帰るの?」「休んでいけばいいのに」という彼に対して

「あんな人の多い騒がしい所で休めない」「明日もやることがあるからゆっくり休みたい、だから家に帰る」と反論。



元彼「(私)が休めるように俺は小さい声で騒いでたのに」

私「小さい声云々じゃなくて違う部屋で麻雀すればいいでしょうが」

元彼「だって皆俺の部屋来るって言ったんだもん。しょうがないじゃん。」



この時点で頭に血が上ってしまっていて、半ば振り切るように帰宅。

それからお盆前まで彼との交流は無し。

元彼が実家に帰るときに「あなたにふさわしい男になって帰ってくる」という長ったらしい旨のナルシズムメールが届く。

私は冷めきっていて返信もせず、次会った時は絶対に別れようと決めていた。


885: 881 投稿日:2009/03/02(月) 15:44:26 ID:0rUy4a4V0



そしてお盆の後、彼は帰ってきているはずなのだが、私に連絡は寄越さなかった。

どうせ休み明けには嫌でも顔を突き合わせる訳だから、と私は気にせずバイトに明け暮れていた。



そしてとうとう翌日から学校となった日、バイト先の従業員出口にて元彼に待ち伏せされる。

「げっ」と思った瞬間、私の車に乗り込んできて、いつものようにエリカ様。

言いたい事があるならば言えばいいのに、なぜこの男は黙っているのだろう。

あのメールは反省して戻ってくるから、という事じゃないのか、もうこの男意味分からん。



私「帰るんだから降りてよ」

元彼「嫌。」

私「あのさぁ、もう無理でしょ。ここまで拗れさせて。」

元彼「無理じゃない。話しようよ。」

私「これ以上何か話すことあるの?」

元彼「・・・。」

私「あの、レポート残ってるから帰りたいんだけど。」

元彼「帰ればいいじゃん。」



埒が明かないのと、結局いつも通りの奴に頭に来たので、元彼を乗せたまま私の家へ。

というかガチでレポート残ってたので本当に帰りたかった。



帰りの車の中で激しく言い合い。

そこで彼の理想の女性像を知ることになる。

歯に衣着せぬ私の物言いが気に食わなかったこと、快活で奔放な私の性格が嫌だった事。

「もっとおとなしくなってよ!」と言われ、自分を根幹から否定された気分になった。

それはもう欠点を直すとは別次元の話だから、私じゃなくて他の子を探した方がいい、と言う私と

話し合って私の性格を変えさせようとする彼でずっと言い合い。


887: 881 投稿日:2009/03/02(月) 15:49:48 ID:0rUy4a4V0



家に着くと同時に車のキーを彼に投げつけ、車使っていいから帰れ、と言い捨てて家へ。

元彼は付いてこようとしなかった。



私の家から彼の家までは歩けない距離ではなかったが、少し心配になり、偶然溜まり場のアパートにいた友人Cに連絡して

かくかくしかじかで彼が家の前にいるから迎えに来てくれないか、と頼んだ。

友人は驚きつつも車を出してくれたのだが、元彼は友人の車に乗るのを拒否。

例のエリカ様状態で「歩いて帰るんで」と言い続けるので、友人も呆れて帰って行った。

「迎えに行ったんだけど、歩いて帰るらしいよ」という友人の報告にひとまず謝罪とお礼を述べ、私はレポートを書いていた。



しばらくして、窓ガラスをドンドンと叩きながら「開けてよぉー!」と叫ぶ元彼の声が。

ぎょっとして、とっさに誰かに助けを求めようと携帯を見ると、数十件の着信。

レポートに夢中で気づいて居なかった。

おそらく友人を追い返して私と二人きりで話をし、丸めこむつもりだったんだろうが、

肝心の電話がつながらず、思い余って自宅凸というところだろう。



近所にも迷惑になるし、窓ガラス破られでもしてレイーポされたらたまらんので、110番。

牽制のために「今警察呼んだからね。」というと元彼はどこかへ逃げてしまったらしい。

結局その日は警察に簡単な個人情報を控えられただけで終わった。



翌日、登校しようと外へ出ると元彼が駐車場の隅に座っていた。

私と目が合うと、にやぁ、と笑った。


889: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 15:56:02 ID:S7oplYZU0



めんどくせえ男だなw

890: 881 投稿日:2009/03/02(月) 15:57:16 ID:0rUy4a4V0



車の鍵の事を書き忘れてしまいました。

翌日郵便受けを見たらキーケースが入っていたので元彼が投函したんだと思います。



その笑顔があまりにも気持ち悪かったので、私はダッシュで車へ。

逃げ切れる訳もなく、当然元彼も乗り込んできた。

そしてまた降りろ降りないの言い争い。

元彼は、二人の問題なのにどうして友人を呼ぶんだとか、俺が昨日言ったこと分かってない、とか。

私はとりあえずこの関係を終わりにしたかったので、別れる方向に話を持って行き続けた。

幸い暴行などされず、元彼をアパートに送り届けて私は学校へ。



そしてその日から彼が登校拒否に。


891: 881 投稿日:2009/03/02(月) 15:59:18 ID:0rUy4a4V0



何かあったのだろうと気づいた教師と友人Dが尽力してくれ、なんとか元彼から話を聞き出す事ができたらしい。

元彼は「俺は傷ついた。友人Cが裏切った。もう周りが敵にしか見えない。中学校の時にいじめられた記憶が云々・・・」と言っていたらしい。

私含む友人たちは、それなんてエターナルフォースブリザード?状態でもう完璧に引いていた。



友人D「もう学校も辞めるとか言っててさ、最後に話がしたいらしいからさ、行ってあげて。

もちろん2人きりにはさせないからさ。彼のケジメとして。」

最後の最後まではなしあい)笑(っすかwwwwwとは思いつつも

この状況に引け目を感じ、話し合いに臨むことに。



そして話し合い当日、元彼のアパートへ私と数人の友人で行った。

友人Dが話をつけてくれて、私と友人Dで元彼の部屋へ。

その他の友人たちは別の部屋で待機していた。



元彼は何故かここでもエリカ様。でも呆れすぎてもうどうでもよかった。

こうやってヘソを曲げることで私に謝罪させ、屈服させようとしてたんだろうが

気持ちが無くなってマイナスゾーンまで至った今、その手は通用しない。


892: 881 投稿日:2009/03/02(月) 16:00:25 ID:0rUy4a4V0



最初は色々な社交辞令を彼に投げかけたのだが、もう今となっては何と言ったのか忘れてしまった。

元彼は私が何を言おうとツンとした態度を崩さず、「はぁ~あ」とわざとらしく溜息をついたり

「誰のせいでこんな事になってるんですかねぇえ??」と言ってきたり

結構突っかかられたので、次第に私はイライラしてきていた。



それを見かねた友人Dが「(私)はお前のために来てくれてるのにそれはないだろ」と一喝。

味方だと思っていた友人Dにまでそんなことを言われてショックだったのか、元彼は

「あ、そっすか。じゃあ俺が消えればいいんでしょ。しねばいいんでしょ。」と、窓から飛び降りようとする。

あわてて止める友人D。

どうせ死ぬ死ぬ詐欺だと思って私はその場に座っていた。



友人Dに諌められ、とりあえず座る元彼。

元彼は元彼でイライラが治まらないようで、近くにあった雑誌やらをハサミでザクザク切ったり

そのハサミを手首にあてて「ふぅ~」と言ってそのまま歯を引かず、手首から離すのを繰り返したり

「最近包丁をじっと見つめてる事があったんですよねぇ~・・・」とうつろな目で呟いたりしていた。



この時点で友人D、ヤバいと悟ったらしい。遅いよ。


893: 881 投稿日:2009/03/02(月) 16:02:11 ID:0rUy4a4V0



とりあえず落ち着いた元彼と話をする。

お互い●●が悪かったね、私は元彼くん××なとこが嫌いだったな、

以前も言ったけど、私たちには直せない根本的な部分で問題がある。

このまま傷つけあうよりお互いを高めあえる恋愛をした方がいい、とかそんな内容だったと思う。



元彼は意地になっていたのか別れるのが嫌だったのか、

会話をすればするほどに、元彼の物言いは邪気眼な人になっていった。



私「本当に学校辞めるの?たかが恋愛のもつれで、もったいない」

元彼「・・・ハッ。たかがレン、アイ、か・・・。」



私はどこかでいけないスイッチを押してしまっていたらしい。



ちょうど、この学校を辞めるか辞めないかの話が出た時、元彼が「親に電話していーっすか?」と言ってきた。

どうぞどうぞ。学費の問題もあるし、私らよりは親御さんと話すべきでしょうってことで元彼が実家へ電話。

お母さんが出たらしかった。



元彼「あー、もしもし?あのね、俺学校辞めるから」



いきなり本題を切り出す元彼。

とりあえず心の中で「いきなりすぎバロスwwww」と突っ込みを入れておいた。



しばらく親御さんのターン。

どうして辞めたいの?とか、ケンカしてる彼女さんとちゃんと仲直りしてからにしなさい、とかちょびちょび聞こえてきた。

最後の砦の母親にまで庇ってもらえなかったせいか、元彼がボロボロ泣きだす。



何かを言おうとしているのだが、えづいてしまって上手くしゃべれないようだった。

「とりあえずウチ帰っておいで、母さん待ってるから」という言葉で電話は終了。母の愛強し。


897: 881 投稿日:2009/03/02(月) 16:05:47 ID:0rUy4a4V0



もうその日は話す事も無いし、話せる状態でもないだろうということで話し合いは解散。

その日以降も彼は学校に来る事は無かったが、こっそりと退学の準備だけはしていたようだ。



そんな彼だが、校内の体育祭にだけは出席した。

あいかわらずエリカ様で、1か月近く不登校だったこともあり、彼に話しかけようとする人はいなかった。



最後に、私へ当てつけに来たのかどうかでは定かではないが、

その日の午後に元彼から「実家に帰ります、いままでありがとうございました」をもっと香ばしくしたメールが届いた。

それ以来元彼の行方は知らない。



アパートもいつの間にか引き払ったようで、今は別の人が住んでいます。

今では「アレは激しかったなーww」とネタにできるような話ですが、当時は相当消耗させられました。

別れるまでの3か月が丸々修羅場のような時間でした。


898: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:07:38 ID:1cvggiXiO



中二病すぎだろ乙wwwww

899: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:10:22 ID:CwG3B2ry0



乙すぎる・・・本当に、おつかれさまでした

900: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:15:02 ID:sw5ZyJiV0



乙、大きな事件に発展せずに分かれることができて良かったね。

901: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:20:45 ID:mSPLT72g0





彼がその後どうなったかものすごく気になるw


902: 881 投稿日:2009/03/02(月) 16:24:08 ID:0rUy4a4V0



一人の男性の学生生活をダメにした要因が私にもあるのかと思うと少し罪悪感を感じますが

本当に、人が死ぬようなことが無かったのでよかったです。



しばらく元彼の悪夢に悩まされたのですが、今ではすっかり立ち直って

飲み会の度に、友人らから男運ないねwwwとからかわれております。



支援ありがとうございました。


903: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:29:17 ID:OP9GoDp40





>>902

乙でした



逃げたら追うの典型だな

刃情沙汰にならんで良かった


904: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:32:45 ID:bRxJvcbc0





>>881

乙です。

本当にうざい男ですね、881の身に何もなくてよかったです。


905: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:39:42 ID:zo9pdpC30



大変でしたね。

お疲れ様。

きっと>>881が優しいから付け入られたんだね。


906: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 16:47:45 ID:qvqL0w9N0



うわーめんどくさ。

よくそこまで付き合ったと思うよ。


908: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/02(月) 17:35:03 ID:aMM2Z7BNO



いい歳こいて厨二病とか救いようがないよな

本当に迷惑だ



引用元: ・◇修羅場◇part70