249: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RILeys3U
かわいい、ずうずうしい話おもいだした。
もう20年以上前の話。
私の母の叔母(以下A)はかなり田舎の人。
Aは学生時代上京して、Aの兄(私母の父)で下宿していた。
Aと兄(母の父)は年が離れているので、母と数年しか年は離れてない。
Aは母にとって、お姉さんみたいだった。
なので、兄しかいない母にとって、姉みたいなAは、特別な存在だった。
しかし、Aの卒業と同時にAは見合い結婚、田舎へと去ってしまった。
母もその後結婚して、子育てに忙しく疎遠になったが、
お互い子育てがひと段落したころからAは母を訪ね時々上京するようになった。
当時はバブル経済で、駅前には、ポケットティッシュを配る人が多かった。
配る人は手に10個ほど持ち、配りまくる、当時は受け取らない人がほとんど。
母はポケットティッシュ貰う派だった。

バスを降り、母、A、俺って感じの順番で駅に向かって歩いていた。
ポケットティッシュを配っていた人がいたので母が、そちらに進路変え歩き、
そのままA、俺はあとをついていった。
母がポケットティッシュ貰ったら、配る人の手にティッシュの在庫がなくなり、
配る人は在庫置き場に振り向く。
そしたら、Aがティッシュを配っていた位置に立ち止まり、俺は背中にぶつかる。
わけわかんない。とりあえずAが止まったことに気がつかないで、先を歩いていた母に合流、
Aがあそこで立ち止まってるよと告げて振り向くと、
ティッシュを配る人が元の位置に戻り、Aはポケットティッシュを受け取っていた。
母、俺は爆笑、Aは頭から????
A曰く、都会はすごいね無料でティッシュくれたと大喜びだった。
無知のずうずうしいってあるんだなと、今思い出した。

250: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:VmumZxfM
日本語でおk
252: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:t1uBU392
>>249
前半まったく必要ない情報だなw

253: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:vTNSJygB
えーっと
母と母の伯母はほんの少ししか年が離れておらず、母にとって伯母は姉のような存在だった
姉妹のような二人だったが、年頃になって伯母が田舎に嫁ぎ、母は都会に嫁ぎ、母は最初(´・ω・`)としていたが、子育てに一段落ついた頃、伯母は母を訪ねて、ちょくちょく都会へ来るようになった
そしてある日、母・伯母・私で出掛けていたのだが、当時はあちこちでティッシュ配りをしていて、多くの人はスルーしていたが母はティッシュを貰う派だったため、その日も母はアルバイターの差し出すティッシュを受け取った
アルバイターの手元にあるのはそれが最後だったらしく、一度箱にティッシュを取りに行くアルバイター
すると伯母はなにを思ったか、その場に立ち止まった
先を歩く母は気付いていなかったので「伯母さんが…」と伝えると、母も振り向いてハテナ顔
そうこうしているうちにアルバイターがティッシュを持って戻ってきて、伯母がそのティッシュを受け取っていた
私たちに追い付いた伯母は、無邪気に「都会はすごいね、タダでティッシュくれるんだね」と
無知のずうずうしさってあるんだなと思った
これでok?


254: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:MPubN3b6
配ってるティッシュ喜んで受け取ったからってずうずうしいと言うのがわからん
261: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:MjTIHuVa
テレクラが流行ってた時のティッシュ配りは
凄かった1日で31個貰った事ある。

262: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:loQcT0bD
パチンコ屋のティッシュは小型の箱に入って豪華だった。

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第171話